スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足利ライブとボタン海老と生ガキ
200712241249012
20071224124901
昨年の11月ぶりに
栃木県足利にある
メソン・デ・カルメンにおじゃましました。
今年最後の地方仕事でした。

今回は地元の両親と祖母が
私が唄うのを初めて観に来るということで
なにげに緊張もしておりましたが。。

カルメンのともちゃんやマスターには本当によくしてもらい
おかげで家族にもよろこんでもらえました。
ありがとう(^-^)o!

ライブの後は
ボタン海老と生ガキを
ジャマキートさんが用意してくださり
カルメンからは
パエリア、トルティージャ、新鮮な豆腐が登場!

あんなどでかくて分厚いボタン海老を
生まれて初めて食べたー(ρ_;)。

海老のミソがまた最高!
生ガキもそのまま食べたり
ジャマキさん特製サルサソースを載せたり‥

新鮮な海の幸を堪能しつくしました。おほほ。

年内残すところあと1週間!!
かぁー(>_<)
スポンサーサイト
イマエダ先生教室発表会終了~
200712170014272
20071217001427
ウサギあらわる!!

観に来てくださった方は

もう 観ましたよね‥(^_^;)

生徒さんの情熱
イマエダ先生の思い入れ
全てが詰め込まれた発表会でした。

ほんと
眠れぬ日々を過ごした人
寝ても覚めても仕事してても発表会という
たぶん精神的にもハードな日々を過ごした人も
けっして少なくなかったでしょう。

私はエルフラで
奇跡の瞬間をみた。

年内あと最後
残りのライブをやる上で
スゴく力をもらいました。

みなさん、先生、ありがとう。
ゆっくり休んでね☆☆☆☆
いよいよ今年最後の‥
200712160006352
20071216000635
年末ジャンボ

違った。

今枝教室発表会です。

教室のみんなのヤル気は半端がなく
やはり 師匠であるイマエダ先生の影響を
スゴく受けているんだろうなぁと思います。

すべての成果は明日の本番に。

出演するみんなが
充実した気持ちで終えられるように
私も全力でバックアップしたいと思います。

みんな 頑張れよーo(^-^)o!!!
最後から2番目の発表会
200712131928532
20071213192853
今年最後から2番目の発表会が先日終わりました。

シルビさんとクジラさんの発表会です。
シルさんには常日頃から
クジラさんとは久しぶりにお世話になり
とても嬉しかったです。

何度かリハーサルで生徒さんたちとご一緒しましたが、
みなさん、先生方の厳しく暖かい指導にもメゲず
見事に本番を踊り切っておりました(^_^)v

お疲れさま!

セビジャーナスやアレグリアス、ティエントと
リハーサルではみなさん緊張か
初めて人前で踊る慣れなさなのか
表情が硬くてつらそうだなぁと思う場面もありましたが
不思議なもので、本番ではスゴく表情豊かになっていたのに
とてもビックリしました(◎o◎)!
みなさんいろいろ謙遜してましたが
実はすごく舞台度胸があるんじゃ‥(>_<)

私のほうがむしろアガリ症なのもので
うらやましい限りだなぁ‥(ρ_;)

おおよそ大半の方とはお話しさせて頂きました。
また次の機会があってお目にかかれたら
スゴくうれしい☆!

本当にお疲れさまでしたo(^-^)o!
エダリサイタル終了
20071207135438
20071207135437
一昨日のエダリサイタル
来てくださった方々ありがとうございました。
おかげさまで満員御礼だったようで
笑いあり涙あり、びっくり箱のようなそんなライブでした。

私は今年初参加だったけど
6月の初回練習からほぼ半年間で
みんなといろいろなことを共有してきました。

リーダーとなって引っ張る枝ちゃんのパワーのスゴいこと。
最後に踊ったソレアは
ほんとに竜巻みたいな踊りで
支えるほうもみんな命がけでした。

最後の挨拶で舞台を降りた枝ちゃんが
再び舞台に戻るときには
顔がくしゃくしゃになりながら泣いていて
それを見るメンバーももらい泣きして

たくさんの想いが入り交じったリサイタルだった。

自分の唄については
まだ満足していないのです。

うまくいった部分もたくさんあったし
このライブのおかげで自分のことにたくさん気付くことができた。

でももっと力があればなぁと感じることもあり

それはこれからまた頑張っていきます。

今年もあと少し。
今夜はプレステージでカンテライブです。

よっしゃ(^◇^)┛
あるかんへる
20071205005629
聴いて来ました。

明日はイマエダリサイタル。
よって明日の夜の回は行けない。
明日考えると今夜はやすもうかな‥
いやいや、あるかんへるは
なかなか日本で聞くことないだろなぁ‥

迷ったあげくに
それならば、と思い切って聴きに行った。

なななんと、一番前!
ありがとうKPT(これは誰でしょか?)&RS(^_^)v

それにしても!!
いがったぁ~‥‥(ρ_;)!!!!

最初は硬い面持ちの
あるかんへるとみげるあんへるだったが
曲が進むごとに2人の身体も動いてきて
観ている側の緊張も一気にほぐれた。

あるかんへるはCDでしか聴いたことがなくて
「これを生で聴くとどんな風になるんだ!?」
とあれこれ想像してみてたけど

やぁ実際聴くと

‥いやぁ‥‥ スゴい。

とても素晴らしい技術だし、
声も高くて音程もしっかりしていて
(私が言うな、である。すんません。
そらぁあるかんへるだもん、上手いさ。
そうなんですけどね)

でも
まず圧倒されるのは
唄心(うたごころ)。

彼の唄には心が込もっていて
とても良い素晴らしい唄だった。
ほんっとに。

最後のアンコールでは
得意のファンダンゴデウェルバを唄ったが
身ぶり付きで

♪‥nino entre mi mano~
と唄い出した辺りから涙が出てきて

Alosno~最後の‥calle Real~を
オクターブ上で唄った時には
もう倒れそうになった~(◎o◎)ξ

う~ん。
よくあんなに高い声が
すうぅっと出るもんだ!
それでいてキンキンしない。
囁くような声でも
しっかり歌詞が聴こえてくる。

あの口とノドが欲しい‥(-.-;)。

また伴奏のみげるあんへる。
これまたスゴい。

間の手の入れ方が
尋常じゃないというか
容赦がない。
隙があるが隙がない、というのかな。

ギターの音が唄に付かず離れず
時にはあるかんへるに任せておいたり
時にはリードしてみたり
そのやり取りが
目の前で聴いててどきどきどきどきした。

2人にオレ!です。

明日もあります。
イマエダライブに行けない方。
まだチケットなくて迷ってる方、

今日も空席がたくさんあったし
たぶん明日もあると思う。
生音でも聴けるくらいのスペースで
あの素晴らしい唄とギターが聴けるのは
ぜひとも行ってみたほうがよいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。